僕には美人な叔母と従姉がいた。二人は、お正月に必ず僕の家に帰省してきて、お酒を飲んで楽しそうにお正月を過ごす。今年もお酒を飲んで大騒ぎしていたらしい。夜中にリビングにやってきたら無防備な格好で二人は眠っていた。

めくれているスカート。すらりと伸びる白い脚。寝息とともに上下する谷間。お酒のせいか上気した頬。魅惑的な肢体を前にして、魔が差した。二人の肢体を眺め、弄り、味わう。

普通なら起きるはずだけど、泥酔させれば楽勝にエッチなことができるんだ!そう確信した僕は、触る手を止めることができそうになかった……。続きを読む